固定化酵母による連続アルコール発酵 評価:A+

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,296
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    固定化酵母による連続アルコール発酵
                        
    1.目的
     固定化酵母によるアルコール発酵を行い、固定化生体触媒の利用法およびその特性について理解する。
    2.実験方法
     教科書Ⅵ-50~51頁の内容に従って実験を行った。
    3.実験結果
    3-1.バイオリアクターによるアルコール発酵
     分取した溶液量および分取に要した時間、それらから得られた流速を以下に示す。
    ・分取量  18.2 ml
    ・分取に要した時間  20分
    ・流速   0.91 ml/min
    3-2.グルコース定量
     まず、標準グルコース溶液の505 nmにおける吸光度を以下に示す。
    表1 標準グルコース溶液の吸光度
    グルコース濃度(mg/ml) 0 2.0 5.0 吸光度 0.003 0.461 1.199  上記の結果より得られた検量線は、y軸を505 nmにおける吸光度、x軸をグルコース濃度としてプロットすると、
    y=2.397×10-1x-5.053×10-3 (r=0.9998)
    であった。グラフを最後に添付した。
     分取液および送液である15 %グルコース溶液の505 nmにおける吸光度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。