糖化合物 評価:A

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数475
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    考察合成分子ベンゼン理由分離

    代表キーワード

    糖化合物

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人工糖鎖高分子の合成とその機能性評価
    <実験結果と考察>
    ○1日目
    アリルガラクトシドの合成
     アリルアルコール40ml、D-ガラクトース1.001g、トリメチルシリルクロライド2mlをドラフト内で混合、還流しながら50℃で反応させ30分おきにTLCで反応の進行度を確認した。
    TLCの結果
     60minで上図のようなTLCの結果が得られたため反応は大方進んだと判断し、次の操作に移った。
    混合物にトルエン(10ml×3)を加え、蒸発操作することによってアリルアルコールを飛ばした。一度、突沸してしまったため、丸底フラスコからあふれてエバポレータ側についているガラス容器に溜まったので、蒸発をやめ、回収した。
     蒸発が終わると、フラスコ内にはアリルα、β-ガラクトピラノシド、フラノシドの混合物であろう透明で粘性のある流体が残った。この粘性体をドライヤーの温風を当てながらエタノールに溶かし、アリルα-ガラクトピラノシドの種結晶を加え一晩放置することにより、選択的に回収した。
    <考察>
    TLCについて
     今回、TLCにはTLC発色剤を用いた染色法を採用した。染色剤にはアニスアルデヒド試薬(薄い赤色..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。