K 電気泳動法によるDNA分析 評価:優

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数221
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    電気泳動法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    機器分析実験レポート
    課題名 実験K 電気泳動法によるDNA分析
    ※有効数字は、実験結果より三桁が妥当であると判断し、四桁目の数値を四捨五入する。ただし、実験データが三桁未満で得られた場合はそのままの桁数で記す。
    Ⅰ、実験目的
    生体試料を解析するために必要とされる基本操作を習得し、DNA分析の基礎技術であるPCRとゲル電気泳動法の原理と特徴を理解する。また、キャピラリー電気泳動法やマイクロチップ電気泳動法など、最新の解析法についても理解を深める。
    Ⅱ、実験方法
    【0.5M EDTAの調整】
    (1)、ビーカーに蒸留水(200ml)を入れ、スターラーで攪拌しながら少量ずつEDTA(46.50g)を入れた。この際、一気にEDTAを入れると溶けずに沈殿し、スターラーバーが埋まってしまうので注意する。
    (2)、粒子状のNaOH(約5g)を加え、pHを上げることによりEDTAを溶かした。
    (3)、pHメーターで溶液のpHを測定しながら、5MNaOHを徐々に加えてpHを8.0に調整した。
    (4)、最終液量(250ml)まで蒸留水を加え、メスアップした。
    【5×TBEの調整】
    (6)、Tris13.5..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。