Carbon-Carbon Bond Formation with Enolate Anions 評価:優

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数308
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験測定分子理論特徴融点理解酢酸エチル時間重量

    代表キーワード

    実験

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Carbon-Carbon Bond Formation with Enolate Anions
    ※有効数字は原則三桁で表記するものとする。ただし、実験結果は得られた通りに表記するものとする。
    Ⅰ、実験目的
    炭素‐炭素間におけるエノラートアニオンの化学変化を学習すると共に、各段階で生成された物質の構造・特徴や、操作手順についても理解する。また、課題などを通して、アルドール反応の一連の反応についても深く理解する。
    Ⅱ、実験方法
    【A、Preparation of Dibenzalacetone】
    (1)、NaOH2.05gと水25mlとエタノール20mlを100mlのナス型フラスコへ加えた。
    (2)、その溶液を焼く30℃に保ち、アセトン1.5ml、ベンズアルデヒド2.64gを加えた混合溶液の約半分をその丸底フラスコに加え、マグネチックスターラーで攪拌した。3分すると黄色沈殿が発生した。
    (3)、よく攪拌した後、残りの半分を加え、10分攪拌して全てのアセトンとベンズアルデヒドを反応させた。
    (4)、できた沈殿を吸引ろ過によって集めた。その物質を水で洗浄し、乾燥してから重量と融点を測定した。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。