0.03M過マンガン酸カリウム標準液の調製および標定 評価:優

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,594
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験方法標準カルシウム滴定酸化原因目的還元標定

    代表キーワード

    酸化

    資料紹介

    酸化還元滴定の基礎理論および実際の習得。
    ・実験方法
     Ⅰ 調製
     1 KMnO4約0.1 gをはかりびんに正確にはかりとった。
      2 1をビーカーに移し、蒸留水約200 mlを加え溶解した。
      3 2をときどき攪拌しながら10分間煮沸した。
      4 冷却後、着色びん用いて吸引ろ過を行い、冷暗所に保管した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験4-1
    ・テーマ
      0.03M過マンガン酸カリウム標準液の調製および標定
    ・実験目的
      酸化還元滴定の基礎理論および実際の習得。
    ・実験方法
     Ⅰ 調製
     1 KMnO4約0.1 gをはかりびんに正確にはかりとった。
      2 1をビーカーに移し、蒸留水約200 mlを加え溶解した。
      3 2をときどき攪拌しながら10分間煮沸した。
      4 冷却後、着色びん用いて吸引ろ過を行い、冷暗所に保管した。
     Ⅱ 標定
      1 Na2C2O4約0.1~0.15 gを正確にはかりとりとった。
      2 1を三角フラスコに移し、温水25 ml、硫酸(1+1)10 mlを加え加熱して溶解した。
      3 溶液が70~80℃になったら、KMnO4で滴定した。
                  (終点:溶液が淡桃色になるまで)
      4 3の後、酸濃度および液量が同一の溶液を用いてブランクテストを行った。
    ・結果
      はかりびん+KMnO4  16.0841 g
    はかりびん     15.0789 g
    KMnO4 1.0052 g
    実験で得られたデータを下の表に示す。
    回数 はかりびん+Na2C2O4 [g]..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。