★日本大学 通信 橙 商業政策二分冊★

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数455
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    マーケティングとは、社会経済的な視点に立つマクロマーケティングと経営的視点に立つミクロマーケティングがありその目的の違いなどにより両者に分けられ、どちらも社会の利益を十分考慮しながら消費者ニーズを満足させる方向で生産の供給と消費の需要とを調整する為の活動である。
    そこで本リポートでは、マクロマーケティングとミクロマーケティングの概念の違いについて詳しく述べ、マクロマーケティングに影響される問題点を概観し、これらのミクロマーケティングとのバランスが今後どうあるべきかを考察していきたいと思う。
    マクロマーケティングとは、国、社会全体の経済システムの視点から捉えるもので、社会利益と消費者欲求との調和を目的とした政策である。これには、政府などの流通政策の規制によるものである。これに対し、ミクロマーケティングとは、企業営利、非営利組織における消費者欲求の充足のためのマーケティング活動およびその管理が目的とされる。これは、経営的視点から創造的な適応行動をとるための活動を事業組織や個人自身の判断によりコントロールすることができる事業戦略であり具体的にマネジリアルマーケティングにより行われる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。