★日本大学 通信 橙 商業政策一分冊★

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数270
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    マーケティングとは、いかにして商品が、ターゲットである細分化された標的市場の消費者や生活者の欲求に対して、満足が得られるかどうかが基本概念である。それには、消費者の欲求に合わせた具体的な製品づくりが求められてくる。
    そこで本リポートでは、企業などが自由にコントロールできるマーケティング、マネジリアルマーケティングについて詳しく述べ、ロジスティックスとの関連の中でその役割について考察していきたいと思う。
    マネジリアルマーケティングとは、ミクロの側面に対応するマーケティングと称しており、管理可能な変数としての事業組織や個人自身の判断によりコントロールすることができるものである。この管理可能な変数として、①製品(プロダクト)、②流通(プレイス)、③促進(プロモーション)④価格(プライス)の4Pがあり、これらの組み合わせであるマーケティングミックスにより、具体的な戦略マーケティング戦略が確立されている。
    ①製品とはモノ、サービス、アイデアから成り立つものである。この重要な概念は製品を差別化することであり、市場を細分化された市場のニーズに合わせて他の製品と異なる製品を開発することで、消..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。