■日大通信 橙 最新合格レポ 保険体育Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数121
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    環境とは、内部環境(人間自身の環境)と外部環境(人間を取り巻く外部の環境)とに分けられ、内部環境はさまざまな要因の変動から外部の環境の影響を受けている。
    そこで、本レポートでは、我々を取り巻く環境について物理的な側面としての環境と、化学的な側面としての環境について具体的に述べ、現在直面している日本の地球温暖化問題についての現状と、解決のためにはどのような取り組みが必要なのかについて考察していきたいと思う。
    基本的に外部環境には、物理的な環境と化学的な環境がある。物理的な環境では、物理的な因子として気温、気湿、気流、気圧、輻射熱、日照、降水量があげられ、これらの因子は複合して影響する気候要素である。皮膚の温度勾配による体感温度や、日照や降水量も農作物を中心に大きな影響を与えることから、いずれの因子が不足しても我々の生活や身体に直接影響を及ぼす。また、これらの他に気候の変化による高温時や低温時の身体的影響や、光である太陽光や人工照明の生活への影響、水、及び音などの影響も、重要な物理的環境の要素である。これらにより物理的な環境は、内部環境に大きく影響を与えている。
    化学的な環境では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。