コミュニケーション論レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,778
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    言語コミュニケーション
    第1節 言語の性質と機能
     コミュニケーションの手段としての言語の使用は人間がほかの動物から明確に区別される人間特有な能力である。言語を通じて人間はほかの人間とさまざまにかかわりあうことによって複雑な社会生活を円滑に営んでいる。そして、今や言語はわたしたち人間にとって欠かすことのできない大切なものである。
    「意味が共通に理解されている音声と記号を使用するこの荷よって思考や感情を伝達する体系的な手段である。」・・・・・・R・Verdure
    「一言語とは、人間の一集団によって個人間の伝達に用いられる、ないしもちいられるところの、また人間を取り巻く環境の中のもの、出来事、けいかをほとんど余すところなく目標にのせているところ真意的な音声ならびに音声連続の構造をなす一体系である。」・・・・・・J・キャロル
    「人間は同意によって何かを何かの代わりにすることができる。人間が何世紀にもわたる相互依存の過程を経て同意に達したことは、彼らの肺・ノド・舌・歯・唇で作れる音で、彼らの神経系のなかの特定のできごとを体系的に代表させるということであった。その同意の体系を我々は言語と呼ぶ」・・・S・ハヤカワ
    バーロは言語の起源について歴史的な考察を行い、言語を次のような4つの性質を有した優位なシンボルの集合であると捉えている。
    言語は、有為なシンボルの集合(語弊)と、それを意味なすように組み合わせる方法(構成法)とからなりたっている。
    言語に含まれるシンボルは、たまたま偶然に選ばれたものであり、固定的なものでも、神から与えられたものでもない。自らが作り出していくものである。
    人間は、解釈、反応、報酬というすべての学習を司る同じ原則にもとづいて言葉をつくりあげた。それは、人間の象徴ともいえよう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コミュニケーション論
    第5章 言語コミュニケーション
    第1節 言語の性質と機能
     コミュニケーションの手段としての言語の使用は人間がほかの動物から明確に区別される人間特有な能力である。言語を通じて人間はほかの人間とさまざまにかかわりあうことによって複雑な社会生活を円滑に営んでいる。そして、今や言語はわたしたち人間にとって欠かすことのできない大切なものである。
    「意味が共通に理解されている音声と記号を使用するこの荷よって思考や感情を伝達する体系的な手段である。」・・・・・・R・Verdure
    「一言語とは、人間の一集団によって個人間の伝達に用いられる、ないしもちいられるところの、また人間を取り巻く環境の中のもの、出来事、けいかをほとんど余すところなく目標にのせているところ真意的な音声ならびに音声連続の構造をなす一体系である。」・・・・・・J・キャロル
    「人間は同意によって何かを何かの代わりにすることができる。人間が何世紀にもわたる相互依存の過程を経て同意に達したことは、彼らの肺・ノド・舌・歯・唇で作れる音で、彼らの神経系のなかの特定のできごとを体系的に代表させるということであった。その同..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。