国語「民間伝承を再話したグリム兄弟について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数401
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子どもドイツ家庭童話世界イメージ理想学問

    代表キーワード

    国語

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     世界中で読み親しまれているグリム童話は、二人の優れたドイツ学者グリム兄弟が一九世紀ドイツの一地方を中心に学問的意図から編集した民話集であり、グリム兄弟が創作したものではなく、グリム兄弟によって集められた「子どもと家庭のための童話集」である。
    裁判官フィリップ・ヴィルヘルム・グリムとその妻ドロテーアとの間の九人の子供のうち三人は、生後間もなく死亡しており、成人したグリム兄弟は男五人、女一人であったが、「グリム兄弟」というときは、上のヤーコプと二番目のヴィルヘルムのことを指す。
     一七九一年フィリップ・グリムの一家はハーナウからシュタイナウへ引っ越した。一家は五年後には、父親のあまりにも早い死によって、窮地に陥っている。
    グリム兄弟は早くに夫を失った母を父に代わって助け、その母も兄弟がまだ十分に独り立ちできないうちに死んだので、四人の兄弟に対し非常に困難な中、強いヤーコプは父の役を、優しいヴィルヘルムは母の役をつとめ、家族を養っていかなければならないという重荷を引き受けた。
    一八二五年になり、ヴィルヘルムは自己の家庭を持つが、一方のヤーコプは一生結婚しないで終わった。
    さて、「グリム童話..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。