環境指導法「保育環境で、子どもが自主的に行動したり、多くの経験を培うためには、保育者はどのような環境構成をすることが必要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数234
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート 評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境指導法(1単位)
    設題                   保育環境で、子どもが自主的に行動したり、  多くの経験を培うためには、保育者はどのような環境構成をすることが必要か、具体的に述べなさい。
     保育所保育指針、幼稚園教育要領の中で環境は、「周囲の様々な環境に好奇心や探究心を持って関わり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。」とある。
    ねらいとして「①身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中でさまざまな事象に興味や関心を持つ。②身近な環境に自分から関わり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとする。③身近な物事を見たり、考えたり、扱ったりする中で、物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。」となっている。
    このように、環境とは保育者が直接子どもに提供することではなく、子ども自身が自ら興味を持ったり、自然と体験できるような人的環境、自然環境、物的環境、時間的環境を間接的に計画的に設けたりして、子ども自身の遊びが豊かに展開できる状況を準備して整えるものである。
    子ども自身が、自主的に行動したり、多くの経験を培うために必要な環境構成について考えてみる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。