家族援助論「家族の意味と機能について説明せよ」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数155
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポート 評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「家族」という言葉は、物心ついた頃から当たり前のように使い、深く意味を考えたことはなかった。小さい頃から一緒に過ごしてきた両親や兄弟、友人とその親など一緒に暮らしている人達は当たり前のように家族であり、その機能や役割などは考えず、只々過ごしてきた。
     あらためて、「家族」の定義に関する機能役割を考えることは、保育者として家庭に関わる時の配慮や理解を深めるためにも必要と考え、関心を持った。
     広辞苑によると家族とは「夫婦の配偶関係によって結ばれた親族関係を基礎にして成立する小集団。社会構成の基本単位」となっており、辞書の意味から想定される家族は、血縁関係を基本とし、家族はその構成員である夫、妻、子どもそれぞれが、社会において適切に行動するための基本となる役割を担っていると言える。
     社会構成の単位である家族に対して、住居と一部の生計をともにする人々からなる集団、もしくは生活単位であるのが「世帯」である。世帯は普通、家族によって構成され、家族の概念と一致することも多いが、同居人、使用人といった家族以外を含むこともあり、反対に就職、就学などのために家庭を離れている他出家族のいる場合もあり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。