成人外科 イレウス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,149
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護看護学生

    代表キーワード

    看護学生成人外科

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看 護 計 画
    患者氏名       63歳  性別 男性 
    《看護上の問題》
     #3 創痛により活動が低下し、腸蠕動運動の低下、イレウスを起こす恐れがある
    看護目標》長期目標 術後イレウスを起こさない
         短期目標 病棟内の廊下を一日4週歩行することができる 看  護  計  画 (立案日:  月日 修 正 計 画 O-P
    1、腸蠕動運動の状況   
    1)腸蠕動音の有無
    (検温時に学生が聴診で観察)
    2)排ガスの有無
    3)排便の回数、量、性状
    (検温時に学生が昨日6時~本日6時までの排ガス、排便状態を聴取する)
    2、離床状況、活動量
    1)自発的であるか
    2)歩行に支障をきたす症状の有無
    (学生がコミュニケーション時に観察)
    3、イレウスの誘因、原因の有無     ↓
    1)不安訴えの有無           ↓
    2)不眠の有無、訴え          ↓
    3)創部痛み訴えの有無、        ↓         
    4)ドレーンの排液量、性状、固定状態  ↓
    4、イレウスの徴候           ↓
    1)腹部膨満、腹痛、嘔気、嘔吐の有無  ↓
    2)腹部X-P
    3)腹部C-T
    N..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。