成人 寝たきりで褥創形成、悪化の恐れ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数804
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    看 護 計 画
    患者氏名       
    《看護上の問題》
     #1 寝たきり状態で、同一部位を圧迫することから、褥創の悪化、形成する恐れがある
    看護目標》長期目標 
         短期目標 新しい褥創ができない皮膚状態を保つことができる 看  護  計  画 (立案日: / ) 月日 修 正 計 画 O-P
    身体各部の皮膚の状態
    褥創の程度
    発赤、水泡、びらん、壊死、潰瘍など皮膚異常の大きさ(縦×横)
    創の深さ
    肉芽形成、痂皮形成、表面瘢痕化の有無、程度
    浸出液の量と性状
    創部への汚染度(尿、便、発汗など)
    ブレーデンスケールの点数/23点
     14点以下又は14点以上であっても活動性、可動性が各2点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。