小児 実習計画

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数12
閲覧数726
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    行 動 予 定 表(1日目)
    ・オリエンテーションを受け、病棟の特徴、概要を知ることができる
    ・受け持ち患児の情報収集を行い、全体像を把握する。 時間 行 動 計 画 裏  付  け 8:30
    10:00
    12:00
    14:00
    14:45
    15:30
    病棟挨拶、オリエンテーション
    患児選定
    情報収集、コミュニケーション
    配膳、食事介助
    検温
    遊び、コミュニケーション
    カンファレンス 小児科病棟の特徴、概要を知ることで実習を円滑に進めるための情報となる。
    カルテやカーデックスより情報収集を行い現在までの状態を把握する。またコミュニケ-ション、遊びを通し患児について知り、信頼関係を築く機会とする。情報収集を元に問題点の抽出、援助の方向性を検討する。
    患児の食事内容、摂取方法を知ることで援助の必要性、程度を把握する。
    検温を行い患児の状態把握し、実際に検温をすることで現在の疾患の影響、程度を把握する。また検温の際は、表情や全身観察の場とする。
    遊びは健全な精神、身体の成長発達を促進するために必要である。患児の安静度に注意し、本人の好みを考慮しながら関わり、コミュニケーション、情報収集の場と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。