クロージングトーク1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数250
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「クロージングの手法」
    『定義』
     ・クロージングは単に契約を迫る事ではなく、確認する事で意思表示を頂く事と、折衝プロセスの中で暗黙の了解を得る事である。契約は単に流れに沿った業務と位置づける。
    『基本』
    住宅営業の行動は、毎回の折衝でクロージングをする事である。
    早期結論を頂く為に努力する事が不可欠である。(狭き門より入る)
    折衝の前半戦はお客様に「嘘を言わせない事」後半戦は「断れない状況を作る事」である。
    当初の折衝の中で上手な業者選定のやり方を話しておく必要がある。
    『クロージングの実施項目とトーク例』
    ≪ 次月重点折衝 ≫
    実施項目  
    次月の結論予定客に対し(打合せ予定表)を提出する事でお客様の反応を確認し対策を練る。テストクロージングと位置付ける。
    トーク   
    家造りをご計画なさる上で、流れと言うのがとても大切だと思います。
            例えば工事期間中も工程表があり、意思統一をして進む事ですばらしい家造りが出来ます。お打合せも、どんな予定でどんな計画で進めて行くのかを、お客様も理解なされ、次回の為にご準備され、ご検討なさった上で打合せをする事で間違いのない家造りが出..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。