作家作品研究中世課題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数167
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『宇治拾遺物語』には、同様の説話を収めた説話集がいくつかあるが、九巻第六話「歌読テ被免罪事」と『今昔物語』二四巻第五五話「大隅の国の郡司、和歌を読む語」とを比較してみる。まず、書き出しだが、両者とも「今は昔」と共通している。あらすじは両者とも、大隅の守が、政務をしている間に、郡司の一人が職務に怠慢なところがあり、何度か叱責したところ、改善が見られないので、重い罰を与えようと呼び出したところ、白髪の老人だったので、許すつもりになったが、口実が見つからない。そこで、老人に歌は詠えるかと尋ねたところ、見事な歌を歌ったので、許した。というものである。細かい語の差異は見られるが、内容において顕著に異なる点は見当たらない。しかし、結びの部分に大きな相違点があるように思える。「歌読テ被免罪事」の場合は、
      人はいかにもなさけはあるべし。
    で終わっているのに対し、「大隅の国の郡司、和歌を読む語」は、
      然れば、云ふ甲斐無き下臈の田舎人の中にも、此く歌讀む者も有るなりけり。努々蔑るべからずとなむ、語り傳へたるとや。
    で終わっているのである。前者の場合は、「な
    さけ」とは風流のことであり、人は風流を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。