『優生学的立場から見るアレルギー』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数278
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    このレポートでは、医学とは少し視点を変えて、「アレルギーと人間」というテーマについて、主に生物学と優生学的な立場から考えてみたいと思う。

    免疫とは、健康を維持してくれる身体の機能であり、自己を守るシステムである。しかしアレルギーの場合、本来なら体を守ってくれるはずの免疫の反応が、特定の抗原に対して過剰に反応し、身体に様々な疾患となって害を及ぼす。遺伝など様々な原因が考えられているが、アレルギーが起こる根本的な原因は不明であり、衛生環境によってアレルギーが起こるということもまた、一つの仮説である。

    しかし、非衛生環境条件がアレルギー発症を抑制するという衛生学説は、wikipediaなどではまだ衛生「仮説」となっているものの、マウスの実験等、かなり信憑性の高いものであると考えられる。また、子供のころのある一定の期間に、細菌や寄生虫との接触を持っておくと、アレルギーになりにくい体質を獲得出来るという話もあった。それが本当であり、さらにその一定の期間がわかれば、人工的に接触を持たせることで、アレルギー患者をかなり減少させることが可能になるであろう。今はまだアレルギーを根絶する方

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「アレルギー」
    このレポートでは、医学とは少し視点を変えて、「アレルギーと人間」というテーマについて、主に生物学と優生学的な立場から考えてみたいと思う。
    免疫とは、健康を維持してくれる身体の機能であり、自己を守るシステムである。しかしアレルギーの場合、本来なら体を守ってくれるはずの免疫の反応が、特定の抗原に対して過剰に反応し、身体に様々な疾患となって害を及ぼす。遺伝など様々な原因が考えられているが、アレルギーが起こる根本的な原因は不明であり、衛生環境によってアレルギーが起こるということもまた、一つの仮説である。
    しかし、非衛生環境条件がアレルギー発症を抑制するという衛生学説は、wikipediaなどではまだ衛生「仮説」となっているものの、マウスの実験等、かなり信憑性の高いものであると考えられる。また、子供のころのある一定の期間に、細菌や寄生虫との接触を持っておくと、アレルギーになりにくい体質を獲得出来るという話もあった。それが本当であり、さらにその一定の期間がわかれば、人工的に接触を持たせることで、アレルギー患者をかなり減少させることが可能になるであろう。今はまだアレルギーを根絶する方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。