教育行財政 2単位目②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数396
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育行財政 2単位目 ②
    『教育財政の仕組みについて説明しなさい。』
     教育財政は、国および地方公共団体が広義の教育行政、すなわち公教育の運営に必要な資金(教育公費)を取得・管理・支出する一連の活動の総体をさしていう。教育財政を通して確保される教育公費の水準が教育行政の質を規定するものである以上、国民の教育を受ける権利の実質的保障という課題にとって、重要な役割を担っている。
     教育財政の歴史的返還は、明治5年の学制発布による「身を立てる基」である教育に対し「受益者負担」の原則が立てられた。
     明治33年、小学校令が全面改正され、4年生の義務教育制度の全面施行と共に、授業料の徴収を原則として廃止..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。