222 法学 4単位分

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数374
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    222 法学 4単位分
    [文書のサブタイトルを入力してください]
    [日付を選択してください]
    [文書の要約をここに入力してください。要約は一般に、文書の内容を短くまとめたものです。文書の要約をここに入力してください。要約は一般に、文書の内容を短くまとめたものです。]
    法学 1単位目①
    『法と道徳の差異』
    かつての中世の西洋法思想では、法と道徳は同一の規範であるとする認識が一般であった。
    現在では法と道徳が重複するものも多い。その中には、人を殺してはいけない、人のものを盗んではならない、約束は守るべきであると言った、法でもあり人間の道徳でもあるものがある一方、法と道徳が一致しないものと二つがある。
    道徳と無関係な法として、高次な道徳を法にしても、普通の人には守る事ができず機能しなくなるものがある。法は現実社会を対象としているのに対し、道徳は理想の世界、非現実的と言える。また、法の中には技術的なものも多く、交通法規や行政組織に関する法は道徳とは無関係と言える。道徳に反する法として、正当防衛や犯罪の時効、ギャンブルの公的管理等、現実の人間の原罪をコントロールする法がある。
    対象説は、法は人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。