459 初等教育原理 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数236
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    459 初等教育原理Ⅰ・Ⅱ 4単位目①
    『学校経営についての近年の動向のうち、自分の関心のある同校の要点をまとめ、見解を述べよ。』
    公立小学校や公立中学校の生徒達が、従来の通学区域にしばられることなく複数の選択肢の中から学校を選ぶことを可能にするのが、「学校選択制」と言う政策である。
    日本においては従来、学校教育法施行令第5条により、子供は教育委員会が指定する学校に通学する事が定められていた。しかし、1997年に文部省が「通学区域制度の弾力的運用について」と言う通知を出したことで、この枠組みが有名無実化した。
     この制度により、各学校が選択される為に他にはない「特色」を創り出す様な努力を促進する動機付けとなり、保護者は従来の指定校制度の場合に見られる様な、成り行き任せの態度から、否応なく迫られる「選択」と言う行為を通じて、子どもに対する責任の自覚と教育に対する関心を高めるようになるとした。
     学校選択制の意義は、各学校間の競争が生まれ、結果として特色ある学校づくりを後押しすることになる。各学校も様々な情報を発信するようになり、保護者は開かれた情報を得られる様になる。学校選択制は、子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。