重さの感覚尺度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数864
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    重さの感覚尺度
    学科:
    学年:
    学籍番号:
    氏名:
    実験者名:
    被験者名:
    実験日時:)
    実験場所:
    目的
     長さや重量を測るのと同じように、長いとか重いとか感覚を図ることは出来るのだろうか?
     一般的に測定事態を想像すると、測定しようとする量があり、この量を何らかの計器、たとえばものさしやはかりなどを用いて測定している。すべての感覚が測定できるとは限らず、量的な次元で示されている主観的経験としての感覚のみが対象となる”ある量”を測定することである。測定は、規則に従って対象と数字との対応関係を確立する方法ではあるが、この為には尺度が必要になる。一般に名義尺度、順序尺度、間隔尺度、比例尺度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。