認知的葛藤

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,120
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    認知的葛藤の測定
    学科:
    学年:
    学籍番号:
    氏名:
    実験者名:
    被験者名:
    実験日時:
    実験場所:
    目的
    2つあるいはそれ以上の欲求が同時に存在し、それらを満足させるためには、それぞれ違った行為をしなければならないので、どうしたらよいか決めかねて迷うという、いわゆる葛藤(conflict)は、程度の差はあっても我々が、日常よく経験するものである。同時に異なる2つの方向に行くことが出来ないという点に葛藤の本質がある。この実験の目的は日常、大小さまざまな形や程度で起こっている葛藤を意識的に内省、観察し、続いてこのような葛藤を測定する1つの方法を学び、認知的葛藤の測定を分析的に考察することである。
     そして、我々が知覚する刺激は、色や形や大きさなど複数の属性から成り立っている。ここでは、これらの属性のひとつだけに注意を向け、他の属性を無視することができるのかを考える。例えば、大きさの異なる2つの文字について、その大きさを「大」「小」で回答するとする。この課題は難しくないが、「大」「小」という漢字を用いて、さらに「大」「小」の意味と実際の大きさが違う場合はどうだろうか。「大」「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。