ミュラー・リヤーの錯視

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,319
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ミュラー・リヤーの錯視
    Muller-Lyer illusion
    学科:
    学籍番号:
    氏名:
    実験者名:
    被験者名:
    実験日時:
    実験場所:
    目的
     我々に見えているままの世界と物理的世界とは同じではない。このことを端的に示す事実の一つとして、いわゆる錯視の現象がある。
     錯視とは、物事についての物理的な尺度で記述された関係と、心理的な尺度で記述された関係とが一致しない事実である。ここでは錯視のうち、特に平面図形の幾何学的なパターンの特性によって生じる錯視の幾何学的錯視として有名なミュラー・リヤーの錯視を用いて、錯視を単に現実的に観察するのではなく、錯視量として数量的に測定する。
     ミュラー・リヤーの錯視とは、1889年にM.C.Muller-Lyerによって発表された線分の長さの錯視である。客観的にも主観的にも等しい線分の両端に、矢羽根を付け加えると、その線分の長さが異なって見えるという錯視現象である。
     ミュラー・リヤーの錯視に影響を及ぼすと考えられる種々の要因について数多くの研究が行われているが、それらを大別すると、刺激に関する要因と被験者に関する要因とに分けられる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。