【聖徳大学】障害児心理学 第2課題第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数548
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:障害児の行動特性について、環境要因の影響について整理しなさい。

    評価:B
    もっと自分ならではの視点を書いた方がよいとのことです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第2設題
    脳損傷を伴う運動障害児が、環境要因とは関係なく、注意集中が困難だったり多動であることが多いのに対して、先天性股関節脱臼、外傷、ペルテスなどの非中枢神経系疾患の運動障害児は、環境から受ける影響がかなり大きい。彼らは健常児と同じく年齢に応じて環境を認知し、自己の現状に対する分析をすることができるためだ。事実、運動障害児の自己意識の発達的研究において、自分の性格について、劣等感で性格が委縮しているとか、自己嫌悪に陥っていると申告していることが多く、年齢に伴って消極的、意欲の喪失が増えていることが分かっている。したがって、非中枢神経系疾患の運動障害児に対しては、適応行動や情緒行動に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。