【聖徳大学】公衆衛生学 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数447
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:社会福祉学を学んでいる学生として最も関心を持っている社会福祉の分野を一つ選び、その分野において発生しそうな公衆衛生上の問題を考え、その解決法を示しなさい。限られた字数でできるだけ詳しく書いてください。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    Ⅰ 我が国における高齢者の精神疾患の現状
    我が国では、世界に類を見ないほどのスピードで高齢化が進んでいる。戦後約50年の間に、男性で26年、女性では29年平均寿命が延び、2050年には約3人に1人が65歳以上という超高齢社会が到来すると予想されている。高齢化とともに、痴呆をはじめとする高齢期の精神疾患も注目されている。厚生労働省の患者調査に基づく年齢階級別精神障害受療率年次推移をみると、高齢者の精神疾患による受療率は近年急速に増加している。痴呆などの器質性精神障害が半数を占めるものの、従来は高齢期には少ないと言われていたうつ病や神経症も高値で、高齢者を取り巻く社会環境や心理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。