【聖徳大学】公衆衛生学 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数687
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:「社会福祉学」と「公衆衛生」にはどのような接点があるでしょうか。限られた字数でできるだけ詳しく列記してください。

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    Ⅰ はじめに
    公衆衛生学の研究の目的は、疾病の「原因」追究である。疾病の「原因」は、宿主である人間自身の要因と人間を取り巻く環境の要因とに大別されているが、公衆衛生学は後者を、中でも社会的、文化的環境要因を重視している。研究成果は公衆衛生活動に直結させているし、保健・医療・福祉・介護政策の樹立にも貢献している。いろいろな社会的障害は病気の原因となり、同時に病気も社会的障害の原因となることが多いからである。現在わが国で生活保護を受けるようになった理由の大半は病気であることや、低所得層に罹患率の多いことは統計の明らかにするところである。このため、公衆衛生学と社会福祉学は、密接な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。