【聖徳大学】教育基礎論 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数418
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:「学習指導書」のテーマⅠ~Ⅴに記載されている「学習課題」の中から、1課題を選び、レポートを作成すること。
    <テーマⅡ 学習課題1>
    学校教育をめぐる無限保障と限定保障について論考せよ。、

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    学校は子供の教育指導にどこまで責任を持つことができるのか、または持つべきなのか。ここでは、「無限保障」と「限定保障」という概念を使って考えてみたいと思う。
    かつて家庭や地域での生活は、子どもが学校では学ぶことのできない知識や態度を獲得する場として考えられていた。このような時代には、子どもたちは日常生活の中で、家庭や地域社会で必要な様々なことを学んでおり、学校は読み書き算などの技能や、家庭や地域よりも広い社会についての知識や態度、合理的で体系的な知識などを提供する教育機関であったといえるだろう。この頃は、家庭や地域社会と学校とが教育に関して明確な役割分担をしていたように思われ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。