【聖徳大学】道徳教育の研究 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数370
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:平成10年および平成20年の学習指導要領の改訂事項について、道徳教育を中心に説明しなさい。

    評価:B
    講評:20年の改訂で、道徳の時間が「要」である点が強調されたことを記述する必要があるとのことでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    ■平成10年改訂
    完全学校週5日制のもと、各学校が「ゆとり」の中で「特色ある教育」を展開し、子どもたちに学習指導要領に示す基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせることはもとより、自ら学び自ら考える力などの「生きる力」をはぐくむことを目的として改正された。
    中学校では英語が必修となった(実質的には大部分の学校で以前も必修扱いであった)。また、小学校中学年から高等学校において総合的な学習の時間が、高等学校において情報科が創設された。その一方で、教科の学習内容が大幅に削減され、教育内容も厳選され、さらに、中学校・高等学校においてはクラブ活動に関する規定が削除された。
    道徳の授業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。