【聖徳大学】教育方法学 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数437
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:あなたは、教育方法学の学習から、教職の専門性について、どのように理解できたか、論述しなさい。

    評価:B
    講評:「反省的実践」や「実践的知識」などの議論に関連させて、さらに考えを深める必要がある。
    自分自身が専門家としてどのようにあるべきなのかについての記述もあると良いようでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育方法学②】評価B
    第2課題 第1設問
    教師は専門職と言われているが、その仕事と地位の現状からも、また、制度的に見ても専門職として規定されているわけではない。一般に「専門職」と呼ばれる弁護士、医師、大学教授などの職業は6つの要件で特徴づけることができる。①大衆の福祉に貢献する公共性と社会的責任で特徴づけられる②大衆の保有していない高度の専門的な知識や技術によって遂行される、③高度の専門的な知識や技術の教育を大学院段階の養成システムで保障していること、④採用や罷免や職務の遂行に関わる専門家としての自律性を行政権力から擁護し、専門家としての知見や見識や倫理を高め合う専門家協会を組織している、⑥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。