【聖徳大学】教育方法学 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数322
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:教職を希望する者にとって、教育方法学の理論と実践はどのように役立つと考えるか論述しなさい。

    評価:C
    講評:教科書や指導書で議論されているテーマやトピック等に関連させながら論を展開させるとさらによい。とのことでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育方法学①】評価C
         第1課題 第1設問
    教育方法学を学ぶことは、教育方法の基礎理論を知り、効果的でよく分かる授業をするための実践力の基礎を養うことにつながると考える。
    「教育方法学」は、教育実践の様式と技術を原理的に探求する学問である。類似語としては、「教授学」「学校教育学」「授業研究」「教室研究」などがあるが、教育方法学はこれらすべてを含み込み、さらにカリキュラム研究などをも包括する学問である。最近では、コンピュータやメディア教育の研究をも含む、いっそう包括的なジャンルとなっている。
    また、上記の対象領域だけでなく、それらにおいて提起されている問題に接近する方法も包括している。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。