【聖徳大学】成人看護 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数309
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:生活習慣(肥満症、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、がん、循環器疾患、うつ病、歯周病)の現状や対策を学習する。
    課題は、「国の対策として2008年度からメタボリックシンドロームの予防や早期発見のための提言をしているが、それらについてあなたの考えを述べてください。」

    評価:A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    Ⅰ 日本における生活習慣病の現状
    生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されていて、代表的な病気としては、肥満症、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、がん、循環器疾患、うつ病、歯周病などがある。わが国では、食生活の変化、車社会などに代表される現代社会のライフスタイルを共通基盤として年々増加しており、医療費高騰の大きな要因になっている。
    Ⅱ 国としての対策
    これらの生活習慣病の中でも、肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病、脂質異常症などは内臓脂肪の蓄積・高血圧・高血糖・高脂血症が原因となっていることが多い。これらの要因..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。