バスケットボールのコーチング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数545
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <コーチングにあたって考慮した点>
    神経系において主にコミュニケーションの取りやすい種目として、基礎レベルから応用においてコーディネーショントレーニングのメニューを組み立てた。
     また、トレーニングメソッドを考えていく上で、メンバー皆が教育実習後ということもあり、教育現場を常に想定しながら考えていった。本講義では教材がたくさん備えられています。しかし学校現場では教材も生徒も限られてしまうのが現状です。その制限がある教材と環境の中でいかに運動量と工夫ができるかを念頭に置き、作成した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バスケットボールのコーチング論
    ~コーディネーショントレーニング実践から~
    <1回目>:2種類「コミュニケーション能力向上要素をふまえたトレーニング」
    <2回目>:3種類「ハンドリングやシュートの楽しさの要素をふまえたトレーニング」
    <3回目>:2種類「実践に結び付く動きの要素をふまえたトレーニング」
    <コーチングにあたって考慮した点>
    神経系において主にコミュニケーションの取りやすい種目として、基礎レベルから応用においてコーディネーショントレーニングのメニューを組み立てた。
     また、トレーニングメソッドを考えていく上で、メンバー皆が教育実習後ということもあり、教育現場を常に想定しながら考えていった。本講義では教材がたくさん備えられています。しかし学校現場では教材も生徒も限られてしまうのが現状です。その制限がある教材と環境の中でいかに運動量と工夫ができるかを念頭に置き、作成した。
    ☆対面タップ・パス(全員参加型):図1
    方法としては、両サイド均等に人数を配置し、片側の選手(①)がボールを一つ持ち、対面している反対側の先頭選手(②)に向かって、空中でボールが弧を描くようにパスを出す。その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。