消滅時効と除籍期間の異動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数146
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1.時効とは、ある事実状態が一定期間継続することにより、その事実を尊重し、事実関係に即した権利関係を確定する制度である。
     時効には二つの形態があり、一つは、一定期間権利が行使されなかったことによってその権利が消滅するという「消滅時効」制度であり、もう一つは、一定期間の経過によって権利が取得されるという「取得時効」制度である。
     時効制度の存在理由としては、以下の3点が挙げられる。
     ①長期にわたって存続している事実状態を尊重して、その事実状態を前提として構築された取引関係の安定を図ること
     ②時の経過に伴い、証拠の喪失などにより事実関係の立証が困難となるため、真の権利者ないしは債務から解放..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。