「介護保険制度の概要と近年の制度改正について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数371
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本邦の介護保険制度は、人口構成の高齢化を背景に、介護の社会化と従前からの老人福祉・老人保健・老人医療精度の問題点の解決を目指して、平成12年4月から開始された。一定の年令の医療保険加入者に介護保険料を付課する、社会保険方式による強制加入の社会保障制度となっている。
    介護保険の給付を受けられるのは市町村に申請して要支援もしくは要介護の認定を受けた者である。その給付には在宅サービスと施設サービスの二種類があり、さらに要支援者向けの介護予防サービスがある。
    サービスの利用は通常はケアマネジャーの作成する介護サービス計画によるが、利用者が自身で計画を立てることもできる。サービスの利用料金のうちの利用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。