「コーディネート機能の現状と課題」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数232
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年では、医療サービスの高度化・患者本位の医療サービス・質の高い医療の効率的な提供などを背景に医療機能の分化が進み、並行して異なる機能の間での連携も進捗している。つまり、急性期・回復期・維持期など、分化した医療の機能が適切に連携することで、医療サービスの利用者である患者からは、治療の各段階に応じた医療サービスを切れ目なく提供できることが求められている。このような医療の諸機能を担う関係者や関係機関の効率的な連携を調整し支援するのが「コーディネート機能」である。
    医療サービスと社会福祉士が主にかかわる福祉サービスは、各機能の段階では峻別されるものである。一方で現代社会では生活にかかわる問題が複雑に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。