「ストレス・コーピングについて」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数800
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ストレスを俗説的に定義するならば、「周辺環境からの刺激や、それ等との対立により生じた悩みや緊張や疲労」となるかと思う。現代社会にはこのようなストレスの要因に事欠かないが、「ストレス・コーピング」を「ストレスとどのように付き合うか」と解するならば、ストレスを低減させストレスへの対処方法を改善することがそのための行動と言うことになろう。そしてストレス学説を初めて提唱したのがセリエであり、またストレスへの対処法を理論化したのがラザルスである。
    近年では、ストレスと社会の関係性は精神医学、社会心理学分野でも注目されているが、ストレス学説を最初に立ち上げたのがセリエである。セリエは、ストレスを「外部から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。