「障害者自立支援法の目指す方向性」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数417
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     我が国の障害者福祉は戦後長く措置制度を基本としてきたが、利用者本位の社会福祉制度を理念とする社会福祉基礎構造改革に基づき、平成15年4月から利用契約制度を主軸においた支援費制度に移行された。これにより障害保険福祉に関する施策は飛躍的に充実したとされる一方で、「障害種別毎の縦割りでのサービス提供からくる施設・事業体系の不明瞭さ」、「サービス提供体制の地域間格差」、「支援費の財源確保の困難さ」などの課題も発生した。これらを受けて、障害をもつ人々が利用できるサービスをさらに充実させようとして、平成18年4月から段階的に施行されたのが障害者支援自立法である。
     障害者自立支援法では、障害者および障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。