「福祉行財政の実施体制と地方公共団体の役割」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数627
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地方自治体はその住民の福祉の増進を図るために地域における行財政を自主的・総合的に実施する役割を担っている。一方で日本国政府は国民福祉全般の向上を推進する立場から、統一して定めることが望ましい基本的な準則に関する義務や、あるいは全国的な規模・視点で行うべき施策・事業の実施など、国家レベルで果たすべき役割を重点的に担い、地方自治体との適切な役割分担が期待されている。例えば児童福祉の分野で、政府が子育て応援プラン等の全国的な計画を策定し、あるいは児童福祉施設に関する最低基準を定める一方で、実際の福祉サービスの実施は各地方自治体が行う、といった具合である。
     社会福祉における国と地方自治体の関係は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。