「地域福祉 - その推進主体と役割」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数685
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉とは社会福祉の概念の進展の中で1970年代から登場してきたものであり、援助を必要とする人に対する「地域社会の中で他の市民と同様に自立した生活が送れるようにする支援」という考え方を基礎にしている。特に1990年代末ごろから議論が展開された所謂「社会福祉基礎構造改革」では地域福祉が今後の社会福祉の中核をなすものと位置づけられ、2000年の社会福祉事業法から社会福祉法への名称改正に際してもその第4条で「地域福祉の推進」が加えられた。併せて自治体による地域福祉計画策定の義務化、社会福祉協議会・民生委員制度の活性化なども定められた。地域福祉における主体は以下に記述する三つに分類されるが、それぞ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。