「社会調査の目的・種類・および調査の倫理」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,512
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査の目的
     社会調査は、社会事象を対象にして、その対象および関連する事象に関するデータを収集・処理・分析・記述し、もって一定の社会や社会集団の特性を明らかにすることを目的とするものである。狭義にはデータ収集や統計的手法の適用のみを社会調査と捉える場合もあるが、広義には、「調査・分析によって明らかになった事象を基礎に、新たな知見を社会に提示すること」まで含めて考えることができる。
     これを福祉の分野に具体的にあてはめて考えてみると、自治体や国の福祉施策の問題、あるいは既存の福祉サービスの改善計画、さらには人口動態の変化(人口の流出入、少子高齢化等)の動向を予測して、将来の福祉政策を策定して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。