「福祉政策におけるニーズの定義」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,128
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ニーズという言葉は福祉以外の分野でも広く一般社会で用いられているが、政策的対応が必要とされるのは個人の主観に基づいた欲求に対してではなく、社会生活を営む上で必要とされるものの充足に対してである。三浦文夫は「社会的ニーズ」について、「ある種の状態が一定の目標なり基準からみて乖離の状態にあり、そしてその状態の回復・改善等を行う必要があると社会的にも認められたもの」と述べている。また三浦は上述の「社会的ニーズ」の定義に続けて、「厳密な意味での社会的ニーズは、そのニーズの充足が必要かどうかの社会的判断なり認識なりがなければ、それが社会的ニーズに転化されないことも当然起こりうる」と補足している。
    さら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。