「終末期ケアに関する問題点と課題」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,217
ダウンロード数31
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     終末期とは一般には「医学的に治癒が不可能な状態と診断され、余命が概ね6ヶ月以内の状態」とされている。いわば、「人生の最期の時期」ということができる。そして、この終末期の状態にある患者に対して行う「苦痛を軽減し、精神的な平安を与えるべく施される医療・介護」を終末期ケアと呼ぶ。終末期ケアでもQOLが尊重されることに変わりはなく、その人に残された人生をその人らしく生きていけるように援助を行う、という考えを基礎にしているものである。したがって、終末期ケアは延命を主たる目的とするものではなく、医療職・看護職・福祉職・心理職・宗教家・ボランティア等がチームを組んで総合的な対応を行う。ケアの対象になるのは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。