「日本における地域福祉理論の発展過程について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,373
ダウンロード数14
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「地域福祉理論」はイギリスにおけるコミュニティ・ケアの考え方を基に日本で生み出されたもと言われ、1970年代から新しい社会福祉の概念として登場した。この理論を基礎とする地域福祉の概念は、「複合的なニーズをもつ人々への援助を地域社会との繋がりをもたない閉鎖的な社会福祉施の中だけで行うのではなく、地域社会の中で他の市民と同様に自立した生活が送れるようにする支援」と説明することができる。住み慣れた地域社会の中で誰もが人間らしく社会の一員として自立した生活を続けることができるような状態を創っていくことを目標とするものであり、それ以前の福祉施設中心のケアに対する反省から生まれたのであるものと考えられる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。