「自己覚知について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,888
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ① 自己覚知について
    自己覚知とは援助者が自身の感情や態度の存在とその特性を正確に認識しコントロールすることである。社会福祉の現場で相談援助を行なう上では、さまざまな問題を抱えた利用者と相対することになる。援助者として接する側もひとりの人間である以上、その人なりの消し去ることができない主観を持っている。そこでは、援助者は自分のことをより深く認識し、自分が取りそうな判断や行為、更にそれがどこからもたらされるものかを分かった上で利用者に接することが大切になる。 なぜなら、援助者の反応や行為は、利用者に大きな影響を与える可能性があるからである。すなわち援助者の自己覚知とは、利用者が抱える問題に対して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。