教育相談の研究テスト1

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数222
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『非行をしている子どもの心理と、学校や家庭における指導の在り方を述べなさい。』

    非行の問題は他の不登校やいじめの問題と同じように、さまざまな不安や葛藤・寂しさ・怒りをかかえていることが多い。また、精神的に不安定で、自分の居場所・存在感を感じられずにいることが原因であることが多い。非行のきっかけとなるのは、家庭環境の影響や、友人関係の影響が大きい。家庭環境での影響の場合は、家庭環境を改善させることが非行の改善につながるのだが、家庭環境の改善といったことはすぐにできることではない。そこで教師と家庭が連携し、協力していくことが重要であり、日ごろからの連携の必要性が大切である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『カウンセリングの種類を挙げて、それぞれの理論や方法について比較検討しなさい。』
    広義のカウンセリングには、誰もが持つ悩みに対するカウンセリングも含まれるが、今回は狭義の、非社会的行動や反社会的行動、あるいは神経症による悩みに対するカウンセリングについて述べていきたい。
    カウンセリングには治療的カウンセリングと発達援助的カウンセリングの2つがある。治療的カウンセリングは専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療する。発達援助的カウンセリングは、病気を治療することが目的ではなく、子供の人格がバランスよく発達、成長をとげるよう援助することが目標である。
    治療的カウンセリングに用いられる具体的方法は精神分析的カウンセリングであるが、精神分析的カウンセリングは無意識に症状の原因となっているものを精神分析的な技法によって意識化し原因を取り除くといったもので、これは主に成人した大人に対して行われる方法である。
    次に、発達援助的カウンセリングであるが、発達段階の途中にある子供の場合は、超自我の発達を助けることで問題の解決を図っていくものとするで、発達援助的カウンセリングが必要となってくる。発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。