教育原論 科目最終試験6説題セット

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数300
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ソクラテスは、古代ギリシャの哲学者でアテネに生まれた。紀元前5世紀頃、古代ギリシャではソフィストが青年達に知識や弁論術を教えていた。ソクラテスは、人間が善悪をわきまえ、正しく生きていくためには、ソフィストの理論的・専門的な知識だけでなく「善の知」すなわち、道徳的知識を持つことが必要であると考えた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原論
    <コメニウスの教育論について>
    コメニウスは教育とは万人に対して必要であるとキリスト教的世界観から教育目的を導出している。彼は自らの教授学で、一般的な大多数の子ども達に誰でも学べる教育体制を作り、効率的に知識を修得できるよう開発した。つまり身分、貧富の差、男女の差別なく、すべての子ども達に学校教育を与えた。それに伴い、彼は誰でも学習できるような教授学の確立を訴えた。また、一歩一歩段階的に教えていくためには、統一的なカリキュラムが必要で、学校では子ども達は、そのカリキュラムに従って知識や道徳を修得できるまで教育することを継続しなければならないようにした。次に、すべての子ども達を教えていくためには、教材が必要であり、初めは容易なものから次第に難しい内容になっていくように作成した。急がずゆっくり教えることが重要である。
     彼の教授学の中で「直観」が重視されている。彼は、容易に知識を習得するために感覚活動を通じて教えることが良いとし、言葉だけで教えるのではなく、絵画や図表など様々な方法で五感に訴えていくことが重要であると言った。直観力→記憶力→理解力→判断力の順に修練していくことが大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。