日本の保険業の現状と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数618
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の保険業の現状と課題
    戦後、敗戦によって再建を余儀なくされた日本の保険業界。生命保険については、アメリカに次いで世界2位。損害保険の領域においても、大きな役割を果たしている。生命保険は、人の生命に対して、保険をつけるもの。したがって、人口と一人一人の生活水準が増えていくと需要が増えていく。損害に関しては、ものの流れの増加にともなって、需要が増えていく。戦後においては、日本経済の重要な担い手であった自動車の販売数増加により、成長していった。火災保険は家につけるものだが、みんなが持家を持つようになると、需要が発生してくる。そういう中で日本は保険大国といわれるまでに成長した。バブル崩壊によって、保険会社も銀行とともに悪影響を受けるわけだが、バブル崩壊後、保険会社はそれに対応するために政策をかえていく。戦後、保険が医者は最も速度の遅い車に全体のスピードをあわせていた。本当はもっと能力があってスピードをあげれる会社がわざと体力温存をするような結果となってしまうという意味で非常に非効率であった。しかし、バブル崩壊後はシェアー競争の原理をとりいれ、営業戦略を強化させた。人界戦術を利用して、家に一..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。