理科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数317
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科授業における新しいメディアを含めて、視聴覚教育機器の使用の有効性
    と問題点を説明せよ。
    視聴覚教育機器の有効性
    時間的必要性
     (時間の移動)例えば、星の動きは夜であるため、教師と子どもは一緒に観測することは難しい。そのようなとき、ビデオやスライド、OHPなどを使って、子どもの直接体験を補充するのである。間接体験ではあるが、教師と子どもが一緒に学習することができる。つまり、夜の時間を子どもと一緒に学習できる昼の時間に移動できるということである。
     (時間の短縮・延長)例えば、長時間経過しなければその変化が認められないような植物の成長の様子などを、微速度撮影した映像を見せる。斜面を転がるもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。