理科教育法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数273
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科授業における、事故防止の対策と、万一事故が起きた場合の損失を述べよ。
    事故防止の対策
     教員は、事故が起こらないように、実験・観察器具や薬品の特徴を充分理解し、それらの取り扱いについても習熟してこくことが大切である。
     子どもたちに実験させる場合も、教師実験の場合も必ず予備実験を行い安全の確認が必要である。授業の中では子どもたちが突然、教師が予定していなかった実験を要求する場合がある。そのような場合、安全の確信が持てる場合に限って要求に答え、そうでない場合は次時にして、予備実験を行うことが必要である。また、子どもたちを校外に連れ出す場合は必ず下見をしなければならない。もし、予備実験や下見が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。